相沢蓮也の女性を‘いじる’技術のネタバレレビュー!ネットの口コミや評判は正しいのかを評価

 

相沢蓮也のメールに関する恋愛商材、女性を‘いじる’技術―彼女を落とす、魔法の言葉(1260円)を購入しました。

 

相沢蓮也の女性をいじる技術は、1260円の値段にしては、価格以上の内容となっています。

 

女性との会話が盛り上がらなかったり、周りのモテる男性のように女性をいじりたい人にはおすすめです。

 

この記事では、相沢蓮也の女性をいじる技術の中身をネタバレしながらレビューしたので、ネット上の口コミや評判は正しいのか、評価していきます。

 

相沢蓮也の女性をいじる技術―彼女を落とす、魔法の言葉の内容評価

 

この教材、結論から言ってしまうと値段の割にかなりいい内容でした。

 

女性をいじるのは言葉にすると簡単に聞こえますが、実際は簡単なことではないですよね。
やっぱり、ちゃらそうなモテる男のようにかっこよく女の子をいじって惚れさせたい…
誰にでもそういう思いはあるはずです。
かく言う管理人もその1人。

 

昔、恋愛商材を教科書に教材の通りに女性をいじりました。
ところが、おもったほど女性の反応は良くなく、その後音信不通に。

 

「何が悪かったのか…。教材通りできたのに…」

 

その当時はまったく理由がわかりませんでした。

 

でも!この教材を読んでその答えがはっきりわかりました!

 

 

普段真面目な人が、いきなり相手のことをいじっても、相手にとっては捉え方が違います。
つまり、冗談っぽく「モデルみたいだね。笑」って言った場合、普段真面目な会話しかしない人だと真に受けられるが冗談を言っている人だと、「またまた〜笑」って感じの反応になりますよね。

 

ここに巷の恋愛商材をそのまんま真似してみても、上手くいかない理由があります。
じゃあ、最初に真面目な印象を植え付けてしまうともういじるのは無理なのかと言われればそういうわけでもないんですが、表面的ないじり方ではなくいじることの本質を知る必要があるわけです。
「どんな相手にどんないじり方をすればいいのか?」いじるにも、いわば数学の公式のようなものが存在するんですね。

 

これを知らないといつまでたっても女性をいじることはできません。

 

教材の流れは、最初は誰もが勘違いしがちな女性をイジるってことの本質について。

 

これがわからないと、誰でもかれでもいじってしまって怒らせてしまうなどの勘違いが生まれます。

 

 

相沢蓮也の女性をいじる技術―彼女を落とす、魔法の言葉の内容ネタバレ・口コミ

 

そもそもの女性をなんでいじった方がいいかの確認。
これ大事です。

 

管理人もモテる人ってなんかSっぽい?オラオラっぽい?ってイメージでした。
たしかに、周りのモテ男がかっこよく女の子をいじっていて、よろこびながら「やだ〜、やめてよ」なんて言っている光景をよく見ます。

 

でも、ここで勘違いしちゃいけないのが、自分のキャラと相手のキャラによってそれが逆効果に働く場合もあるということです。

 

「ちょっとオラオラしてみるか」とSキャラで言って失敗したことがある人は管理人だけではないはずです。笑

 

ここをはき違えてむやみやたらと女性をいじるとただのウザい人になってしまうことに。
こうなってしまった世の男性を正すのがこの教材の目的だそうです。

 

 

これもあるあるですね。
ストナンなどで、飲みに行ったとき、あまりに現実的な話(住んでいる場所や仕事やその仕事の悩みなど)をしてしまうと女性のナンパへの一種の現実逃避のような感覚がなくなり、急に関係がそそくさとしてしまうことが結構あります。

 

なので、画像のようにナンパで出会った女性に対して、住んでいるところや職業をはぐらかすのは有効ですが、真面目な出会いや知り合いなんかに使うのは不適切だと言えます。

 

つまり、恋愛商材に乗っているテクニックを鵜呑みにし、どんな場面でも使えると勘違いして使っていては成功はないってことですね。
TPOは大事です。

 

 

著者なりの女性をいじる定義は「女性の感情を揺さぶり、女性のテンションを上げること」

 

テンションを上げてどうするかっていうと、こちらの要求をのませるためです。
だから、よく見かける女性をうまいこといじってる男は、女性のテンションを上げて要求をのませやすくしているからモテているんですね。

 

 

誰もが勘違いしているポイント。
女性をいじることはただ、からかうことではない。
バカにすることでもない

 

よく「女性は全員Mだからとにかくいじっていじっていじり倒せ」なんて聞きますが、これも大きな間違いなんです。
イジる場合は必ず、女性の感情を揺さぶらなくてはいけません。

 

 

 

実際に女性をいじった会話例。

 

具体例があるのでわかりやすいです。
イジって人の心を揺さぶるのも簡単ではありません。
この例にも使われているあるテクニックを身に付ける必要があります。

 

 

これは、耳の痛い話です。
いじりが成功しなかった場合、自分の腕をせめがちですが、女性のMレベルに合わせたいじりをしてなかった可能性が高いということ。
つまり相手によっていじりの強度を変えなければいけないんですね。

 

 

相手のいじりの許容範囲がどこまでなのかっていうのは実際に、会ってみて弱いいじりからすこしずつテストしていくしかありません。
その著者のテスト方法も簡単で誰でもできるので参考になりました。

 

 

この教材は全部で116ページ。
読むとモテる人のいじりがいかに計算されたものであるかがわかります。
イジる本当の目的が相手のテンションを上げ、こちらの要求をのませやすくする。

 

そのために、飲み屋を2軒目に連れて行きたい・二人きりになりたいなどの要求をのませたい、ちょっと前にいじり盛り上げておきながら提案をする。

 

これが、もてる男性がやっているいじりの真実です。
この教材は値段も安いのにかなり勉強になる内容でした。

 

女性をいじりたい・いじってみたけどいつも上手くいかない…
こんな人におすすめです。

 

 

 

 

人気記事

ナンパ・会話テクニック商材のランキング
恋愛メール商材ランキング
合コン商材ランキング
デート商材ランキング
復縁商材ランキング