クレバー・コミュニケーションのネタバレ口コミ −知的な笑いを生む例えツッコミ会話術 クヌム・カンパニー 山崎秀隆

クヌム・カンパニーの山崎秀隆が販売している「クレバー・コミュニケーション−知的な笑いを生む例えツッコミ会話術」を購入しました。

 

クレバー・コミュニケーション−知的な笑いを生む例えツッコミ会話術は本当にツッコミによって知的な笑いを生むことができるのか?

 

商材を購入したので、ネタバレ暴露しながら検証レビューしていきます。

 

ネットの口コミや評判が本当に正しいのか厳しく評価していきます。

 

 

クレバーコミュニケーションの口コミ、評判は正しいのか評価

「例えツッコミ」というものをご存知でしょうか?

 

TVのバラエティー番組で芸人さんがよく使っているもので、最近では「例えツッコミ」がブームになってきているので聞いた事がある人も多いはず。

 

そんな例えツッコミは、自分が身につければこれ以上なく会話を盛り上げ、強烈に印象付けられる武器になります。

 

「クレバー・コミュニケーション-知的な笑いを生む例えツッコミ会話術-」というこの教材は、そんな例えツッコミがステップごとに実践することで短期間で身に付くようになるという面白い教材です。

 

クレバー・コミュニケーションは、CHAPTER毎に、細かく分かりやすく会話術に関するノウハウが書かれてあって、まさに”かゆいところに手が届きすぎて孫の手いらず”――といったところでしょうか。

 

これも立派な例えですよ。

 

「例えツッコミ」の効果はともかくとして(笑)

 

冗談はともかく、「例え」に重きを置いたユニークな着眼点のクレバー・コミュニケーションのプログラムは、PDF形式で185Pの構成。

 

値段は通常2万円のところを現在(執筆時点)はキャンペーンにつき「11700円」で体験できて、非常に手が届きやすいものになっています。

 

この手の会話教材が1万円前半で手に入るのは大きいですよね。

 

今まで「コミュニケーション教材は値段が高いから……」と敬遠していた人も、これを機に購入するのも1つの手ですね。

 

しかも、このクレバー・コミュニケーションは本編だけでなく「スペシャル特典」が3つもあります。

 

「フレーズ実演&解説音声」と「頭の回転を3倍引き上げる方法のPDF」と実践する上での質問を受け付ける「メールサポート」と盛りだくさんで、嬉しくて頼もしい限りです。

 

では、そんな自宅で読んで覚えるだけで例えツッコミのスキルが短期間でグンと上がる「クレバー・コミュニケーション-知的な笑いを生む例えツッコミ会話術-」の会話講座とノウハウを早速見ていきましょう。

 

教材の画像付でクレバー・コミュニケーションの中身をネタバレ暴露レビュー!

「例え」というものに対して、会話において効果的な理由などを分かりやすく教えてくれています。

 

まるで”思考回路を文字に起こしてくれているかのよう”で小気味いいですよね――と、これもツッコミではありませんが例えの表現の1つです。

 

それはともかく、「例えとは転換である」というのは、本当に納得でした。

 

例えとは似たものへ転換して表すのが本質、なるほどでした。

 

こうして、前知識をしっかり入れておいてくれているので、抵抗なくスムーズに「例え」に取り組む姿勢が出来上がります。

 

クレバー・コミュニケーションは、疑問が生まれないように上手に教えてくれる先生みたいで、すでに無駄なく書かれてある事なのに、重ねて読みながらメモを取りたくなるほど。

 

本当にクレバー・コミュニケーションは、「なるほどの宝庫」ですよ。

 

クレバー・コミュニケーションのCHAPTER3では、後に出てくる例えのテンプレートの効果を3倍にまで引き上げる秘訣が惜しみなく書かれてあります。

 

いわゆる「こうやって例えを言いましょう(使いましょう)」という心構えみたいなものだと思ってもらえればOKです。

 

たしかに、例えツッコミが浮かんでも言い方1つで台無しになってしまったりしますよね。

 

この手の失敗、私にもよくありました……。

 

例え方は良かったのに、言う時の態度が上から目線だったとか。

 

あるいは、見下したような例えをしてしまって場をシラけさせてしまったとか。

 

思い返せば、芋づる式にズルズルと出てくる失敗談。

 

せっかく例えツッコミという一撃必殺にもなる会話の武器を使うのだから、堂々と言う――これもまた忘れてはいけない要素ですね。

 

例えツッコミを小さな声すぎて聞き返されたりした日には、恥ずかしさのあまり効果どころの問題じゃなくて「いや、なんでもないです……」と、フリーザ最終形態に絶望して戦意喪失してしまったベジータみたいになりそうですよね。

 

注意しなければ。

 

例えツッコミというのは浮かんだら早速使いたくなるし、一度ウケたら他の人にも同じ例えツッコミを何度も使ってしまいがちですが、これがダメなんですね。

 

例えツッコミは、誰にでも同じようにウケるわけではなく、その人その人に応じた例えツッコミをチョイスしないと「は?」と首をかしげられかねないのです。

 

これも前に私は実際に失敗しているので、大変耳が痛いです。文字なので目ですが。

 

地下の強制労働施設で貯めなければいけないお金を使い過ぎて猛省するカイジ並みに反省です。

 

臨機応変とはよく言ったもので、例えも人と場所とタイミングを考えて使うべきなんでしょうね。

 

クレバー・コミュニケーションのCHAPTER4では、いよいよ本丸である例えツッコミのフレーズがたっぷり紹介されています。

 

CHAPTER4は、例えツッコミのテンプレートになっているので、こういう場面ではこういう例えツッコミ――とシチュエーション別に紹介されています。

 

上記はほんの一例ですが、一言で言えば「上手い」ですよね。

 

これは頭の回転が速いと思ってもらえるはずですし、場も和むはずです。

 

決して嫌な気持ちにならない例えなので、純粋に笑顔がパッと咲くのが目に浮かびます。

 

例えツッコミが色分け・太字などでパッと見て分かりやすくなっているのが特徴です。

 

このような例えツッコミをとにかく真似て使うことで覚えていきます。

 

四角で囲われているので分かるように、大味の区切りではなく、かなり細かな会話のシチュエーション別に紹介してくれているので、非常に助かります。

 

しかも、どの例えツッコミにもオリジナリティーがあって、すぐにでも使いたくなるものばかり。

 

クレバーコミュニケーションで即戦力になる会話術、これは身に付くはずですよ。

 

納得です。

 

これなら人と思うように会話が盛り上がらない、会話が続かないといった悩みも解消に近づくはずです。

 

そして、クレバー・コミュニケーションのCHAPTER6では「例え実践ワーク」と題して、読み手が実際に例えを作るというユニークな内容になっています。

 

「こういう場合にはどう例えるか?」と考えるのは、ものすごく楽しいですよ。

 

例えツッコミに関する正解も不正解もない問題ながら、切り返しの回答例や解説もちゃんと提示されているので、自由に例えを作りつつ回答と解説で本流の1つを理解できますからね。

 

私もやってみましたが、時間を忘れて頭をひねって例えツッコミを考えました。

 

そして、例えツッコミが考えてるときと浮かんだ時の快感は相当なものでした。

 

例えツッコミが浮かばなかった時も、回答の例を見て「そういう考えをするのか。なるほど」と得心がいくので、どちらにしても取り組みたくなる体験ワークでした。

 

――と、ここまでで分かるように、このクレバー・コミュニケーションは、無駄なくシンプルでいて、内容が濃く、懇切丁寧で、至れり尽くせりとはこの事だと言えます。

 

どうですか?

 

このように、クレバー・コミュニケーションは忙しくて時間がなかなか取れない人のために「読む!」「マネする!」「コツをつかむ!」「繰り返す!」というシンプルな構造で提供してくれているので、迷う事なく最短距離で会話術が向上するのでおすすめですよ。

 

例えツッコミは、達人の域でもある芸人さんだけの専売特許ではなく、「例え」自体は意識して聞いていると誰でも日常でよく使っているものです。

 

その例えツッコミのスキルが高くなれば、破壊力が生まれて、話し方が友達や女性の印象に残り、相手に会話がおもしろい人(頭の回転が速くて素敵)という認識を持ってもらえ、るわけです。

 

「例え上手は好印象」であるのは、疑いようもなく明白ですからね。

 

しっかりこの「クレバー・コミュニケーション-知的な笑いを生む例えツッコミ会話術-」から得られるものを得て、テンプレートを参考にしながら実践して、例えマイスターになりましょうね!

 

クレバーコミュニケーションのたとえ突っ込みをマスターすることで友達付き合いや女性との恋愛も発展していくことでしょう。

 

クレバー・コミュニケーションのマニュアルの詳細が気になる人は、下の公式サイトへのリンクをクリックしチェックしてみてみてください。

 

 

ほとんどの恋愛商材が一定期間の全額返金保証が付いているものですが、このクレバーコミュニケーションには全額返金保証が付いていません。

 

ですが、値段も良心的なのと、ある程度誰でも実践しやすいノウハウに仕上がっていることから、大きなマイナスポイントとはなりえません。

 

人気記事

ナンパ・会話テクニック商材のランキング
恋愛メール商材ランキング
合コン商材ランキング
デート商材ランキング
復縁商材ランキング