友達には秘密にしておきたい車コーティング
ホーム > 抜け毛対策 > O型薄毛とM型薄毛の原因

O型薄毛とM型薄毛の原因

男性の薄毛には大きく2種類に分けられます。

頭頂部からO型に薄くなっていく薄毛、前髪の生え際から徐々に薄くなるM型の薄毛。

 

この薄毛の原因はそれぞれ違うのです。

 

O型の、頭頂部から薄毛になる方の原因はほどんどが血行不良なんです。

頭頂部の薄毛になっている部分を見ると、頭皮が赤くなっている人が多く、赤ければ血行がよさそうにも感じますが、本当に血行が良い場合は頭皮の色は白になるのです。

 

血行が悪くなると酸素や栄養が届きにくなって、細胞の新陳代謝が低下する原因になり、薄毛になってしまいます。

 

それにたいしてM型の薄毛になるのは主に遺伝が原因と言われています。

なので、血行不良を原因とするO型薄毛と比べて改善しにくいのです。

しかし必ず薄毛になる!というものではなく、薄毛になりやすい。というだけなので諦めてはいけません。

 

M型薄毛の場合、男性ホルモンが乱れ始めるとどんどん薄毛が進んでいきます。

 

O型薄毛とM型薄毛の改善に共通なのは、生活習慣を整える事。

生活習慣を整えて健康的に生活する事は、生活習慣病を予防する面でもとても大事です。

体と髪のために、生活習慣を整えること努力をしましょう。

薄毛に悩む人の育毛対策はこちら